2012/08/10

栃木から世界に挑む! ロンドン・パラリンピック

こんにちは! ナイチュウです。
熱戦が続くロンドン・オリンピック。世界中から集まったアスリートたちの活躍に、ぼくも胸がアツくなったでチュウ。
栃木県から出場した選手のみなさんも、たくさんの感動を与えてくれました。

そしていよいよ8月29日からは、身体障害者スポーツの最高峰、パラリンピックが始まります!

20競技、503種目に、約4,200人の選手が参加するロンドン・パラリンピック。
日本からは、135名の選手が参加するんだって。

今回は、栃木県ゆかりの3人の選手をご紹介しまチュ。

写真:栃木県ゆかりの3人の選手

写真右から、
車いすバスケットボールの増渕倫巳(ますぶち・ともみ)選手(宇都宮市)、
シッティングバレーボールの金田典子(かねだ・のりこ)選手(日光市)、
車いすテニスの眞田卓(さなだ・たかし)選手(那須塩原市出身)。

各選手に、ロンドンに向けた意気込みをうかがってみました。
まずは、北京に続いて2度目のパラリンピック出場を果たした、金田典子選手。

写真:金子選手

金田選手は、小学校でバレーボールを始め、中学・高校時代は、日本の選抜チームの一員として、世界遠征にも参加。

高校卒業後、名門チームで日本代表の名だたる選手とともにプレーに励んでいたそうですが、20歳のときに病を発症し、いったんバレーの道を断念。

両足に障害が残り、車いす生活となりましたが、座ったまま競技を行う「シッティングバレー」に出会うと、メキメキと頭角をあらわし、日本代表として活躍するようになったそうでチュ。

9年の競技歴があり、数々の国際大会出場の経験を持つ金田選手は、とっても頼もしい存在。

「今回の初戦の相手がオランダ。
長年世界ランキングナンバーワンをキープしてきた強豪国。
そしてシッティングバレーボール発祥の国なんです。
しかもパラリンピック発祥の地であるロンドンで対戦できるのは、何かの縁があると感じています。
ぜひオランダに勝利して決勝トーナメントへの弾みをつけ、メダルを取りたい。」

そんな意気込みを語ってくれました。
続いては、宇都宮市の「愉快市民」という肩書きも持つ、増渕倫巳(ますぶち・ともみ)選手。

写真:増渕選手

高校時代からバスケット部で活躍していた増渕選手ですが、2003年、交通事故で脊髄を痛め、車いす生活に・・・。

その後、車いすバスケと出会い、地元チーム「栃木レイカーズ」で活躍。
現在は、宮城県の強豪チームに籍を置いているそうでチュ。

シュート力のある増渕選手は、日本代表チームでも中心選手として活躍し、ロンドン・パラリンピックの出場権獲得に貢献。

パラリンピックは初出場だそうですが、おととしイギリスで開催された世界選手権をはじめ、海外の大舞台は経験済み!

「自分のプレーを最後まで一生懸命やっていきたいと思っています。みなさんの期待に身が引きしまる思いですが、集中して頑張ります!」

力強く語ってくれました。
そして、若さあふれるイケメンプレーヤー、眞田 卓(さなだ・たかし)選手

写真:眞田選手

眞田選手は、19歳のときに交通事故に遭い、右足を切断。

ふだんは義足を使って歩くことができるそうですが、試合中は車いすを自在に操ってコートを駆け回る眞田選手。
リハビリ中に紹介された車いすテニスとの出会いをきっかけに、国内の大会に出場。
そこで好成績を収め、活躍の場は次第に世界に広がっていくようになったそうでチュ。

眞田選手もパラリンピック初出場。

「初出場で緊張しますが、まず楽しんでプレーしたい。
プレーの一瞬一瞬のシーンを目に焼き付けて、思い出に残せるよう、ロンドンでの日々を過ごしたい。」

各国の選手とわたりあってきた経験を持つ眞田選手は、きっと実力を存分に発揮してくれることと思います。

写真:みんなで応援します!

三選手は先月、そろって栃木県庁を訪問。
福田富一知事から、「ぜひメダルを!」と、アツい激励のメッセージを受け取り、ますますロンドンに向けた闘志を高めているようでした。

パラリンピックに参加するすべてのアスリートの健闘を祈りながら、ぼくも精いっぱい声援を送りたいと思いまチュウ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

コメントを残す

コメントについての注意

※お名前はハンドルネームでOKです。
※メールアドレスはフリーメール・携帯メールでも構いませんが、連絡が取れるものをご入力下さい。なお、メールアドレスは非公開です。
※頂いたコメントは、本ブログを運営する“とちぎナイスハート広め隊”が確認したあとに掲載します。掲載までにお時間がかかることがありますので、ご了承ください。
※なお、“とちぎナイスハート広め隊”が不適切と判断したコメントは掲載されない場合がございますので、ご了承ください。

このブログは、栃木県障害福祉課が運営しています。障害を持ちながら活躍する方や、その支援者の取組などを紹介しています。
以下、記事カレンダーや最新記事一覧、最新コメント一覧などの案内です。読み飛ばす場合、「記事に戻る」か「メインメニューへ」をお使いください。

記事カレンダー

2017年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031