2012/09/14

緑の里山で農業にチャレンジ!/ソーシャルファーム長岡

こんにちは! ナイチュウです。

みなさんおいしい野菜食べてますか?
採れたての旬の野菜はみずみずしくておいしいですよね。

里山でいろんな野菜を作っているところがあるって聞きつけ、おじゃましてみました。

写真:農場に到着

やってきたのは宇都宮市長岡町にある「ソーシャルファーム長岡」。
農業を通じて障害者の就労支援を行っている事業所なんでチュウ。

写真:ソーシャルファーム長岡の畑

農場を案内していただいた、津野田尚範(つのだ・ひさのり)さんに、オープンまでのいきさつなどを聞いてみました。

「私たちの法人の運営母体は、“とちぎ労働福祉事業団”という企業組合なんですが、そこでは20年以上にわたり、障害者雇用に取り組んできた実績があります。
その経験の中で、“障害があるからあれができない、これができない”というのではなくて、“必ず何かしらできることがある”ということを実感しています。
そうした経験を生かして、福祉分野での就労支援に取り組んでみたいと考えていたところ、こちらの農地の地主さんから休耕地の利用についてお話をいただき、開所に向けて動き出したんです。」

写真:みずみずしいピーマン

手作りで小屋を建て、柵をつくり、農地を耕すなど、昨年夏ごろから準備に取りかかり、今年4月にオープン。

現在、知的障害や発達障害のある方々が、この事業所を利用しているそうですが、「みんなしっかり働いてくれますよ」と津野田さん。

おじゃましたときは、ピーマンやナス、オクラ、パプリカなどが実を付けていました。

ナスだけで何種類もあってビックリ!

「今年は試験的にいろんな作物を栽培しています。他の農家がつくらない作物なども手がけ、直売所などの売れ行きを見ながら手応えを探っている感じです。」とのこと。

写真:丸いナスや大きいナスなど、色々な種類が

農場の中には、利用者ひとりひとりに割り当てられた畑があって、自分の好きな野菜を栽培できるんだそうです。

「自分の畑で採れた野菜は家族やご近所におすそ分けしているようですが、実に熱心に手入れしてますね。」

そう語る津野田さん。自分の畑を世話する中で高めたモチベーションを、みんなでやる作業の中でも維持できるようにしていくことがねらいなんだそうでチュ。

写真:農作業に精を出しています

利用者のみなさんは農業が初めての方ばかり。
暑い日でも、雨の日でも、休まず農作業に精を出しているそうです。

「ここで農業を学び、利用者のみなさんが自立して農業ができるように育ってくれれば嬉しいですね。」と期待を寄せる津野田さん。

そんなお話を聞きながら歩いていると、どこからかぼくを呼ぶかわいらしい声が聞こえてきました。

「メ~、メ~、こっちへおいでよ~。」

写真:ナイチュウ ヤギと会う

真っ白なヤギの「ももちゃん」がぼくをお出迎え。
雑草を食べて農場をキレイにするというお仕事を任されているらしいんだけど、ちょっと好き嫌いがあって選り好みしてしまうという「ももちゃん」。
でも、近所の幼稚園のちびっ子たちには大人気なんだって。

写真:宝石のように赤く輝く野いちご

ワイルドストロベリー(野いちご)も実を付けていました。
ほかにもブルーベリーなども栽培していて、ジャムなどに加工する予定だそうでチュ。

写真:巣箱の手入れ中

ここの主力商品のひとつが「はちみつ」。
農場の一角に、巣箱がたくさんありました。

蜂は作物の受粉もしてくれるので一石二鳥。
ただ、農薬や除草剤には弱いので、この農場の作物は減農薬で栽培してるんだって!
手間のかかる除草作業には一苦労するそうですが、おかげで安心・安全な野菜が育っているそうでチュ。

写真:食用ほおずきを剥く

それからもうひとつ、今一番力を入れている野菜は「食用ほおずき」なんだって!
食べられるほおずきがあるってみんな知ってた?
ほくも味見をさせてもらったでチュウ。

写真:ナイチュウも味見しました

ミニトマトのような食感! 甘酸っぱく、今までに味わったことのない味。
おいしいでチュ。
今はまだ作っているところが少なくて、めずらしい食材で、主にイタリア料理やフランス料理に使われるそうです。
レストランや料理店の方、ぜひ一度、食材に使ってみてはいかがでチュか?

なお、普通のほおずきには毒性があるらしいので、間違って食べたりしないでくださいね。

最後にこれからのことを施設長の菊地章夫(きくち・あきお)さんに伺いました。

「今は直売所や市役所などで販売させてもらっていますが、もっともっと販路を広げたいですね。地域の方々や農業関係の方々とのつながりも広げていって、面白い農業にしていきたいです。」

写真:みんな生き生きと働いています

今回おじゃまして印象的だったのは、汗まみれになって働くみなさんの生き生きとした姿。
ここでたくさんのことを身につけて、これからの農業の担い手になってくれる時が早く来るといいな、と思ったナイチュウでした。

写真:おいしい野菜が並びます

「ソーシャルファーム長岡」のおいしい野菜は、農産物直売所「あぜみち」(滝の原店(本店)、駅東店、毎週金曜日)や、宇都宮市役所にある「わく・わくショップU」(毎週火曜日)で販売しているそうです。
ぜひ一度味わってみてはどうでチュか?

ソーシャルファーム長岡

直売所「あぜみち」

宇都宮市役所「わく・わくショップU」

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

コメントを残す

コメントについての注意

※お名前はハンドルネームでOKです。
※メールアドレスはフリーメール・携帯メールでも構いませんが、連絡が取れるものをご入力下さい。なお、メールアドレスは非公開です。
※頂いたコメントは、本ブログを運営する“とちぎナイスハート広め隊”が確認したあとに掲載します。掲載までにお時間がかかることがありますので、ご了承ください。
※なお、“とちぎナイスハート広め隊”が不適切と判断したコメントは掲載されない場合がございますので、ご了承ください。

このブログは、栃木県障害福祉課が運営しています。障害を持ちながら活躍する方や、その支援者の取組などを紹介しています。
以下、記事カレンダーや最新記事一覧、最新コメント一覧などの案内です。読み飛ばす場合、「記事に戻る」か「メインメニューへ」をお使いください。

記事カレンダー

2017年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031