2015/10/22

スポーツの秋、障害者スポーツ大会開催!/第11回栃木県障害者スポーツ大会&第15回全国障害者スポーツ大会「2015紀の国わかやま大会」栃木県選手団結団式

こんにちは、ナイチュウです。
読書の秋、食欲の秋、秋はやりたいことがたくさん浮かんでくるけど、みなさんはどんな秋を過ごしていますか?
ぼくは、やっぱりスポーツの秋!
今回は先日開催された、「第11回栃木県障害者スポーツ大会」と「第15回全国障害者スポーツ大会「2015紀の国わかやま大会」栃木県選手団結団式」の様子をご紹介しまチュ♪

9月27日(日曜日)、栃木県総合運動公園などで、「第11回栃木県障害者スポーツ大会」が開催されました!
栃木県障害者スポーツ大会は、県民総スポーツを推進し、身体障害者及び知的障害者の健康の保持・増進を図るとともに県民の障害に対する理解を深め、障害者の自立と社会参加を促進することを目的として、毎年秋に開催しています。

この大会は、栃木県総合運動公園、栃木県立温水プール館、宇都宮市サン・アビリティーズの3会場で、陸上競技や水泳、フライングディスクなど全6競技が実施され、121団体1,800人以上の選手が参加しました。

開会式

開会式では、栃木県立盲学校の木下歩(きのした・あゆむ)選手が選手代表宣誓を行いました。会場中の注目する中、元気な宣誓の声が響き渡りました!

選手宣誓

そしていよいよ競技が始まるぞ!というときにポツポツと雨が・・・競技はスタートしたけれど、降りが強くなってしまい、一時チュウ断。
今年はこのまま中止かな・・・と思っていたところ、少しずつ雨が小降りになり、無事再開!
参加者みんなの熱意とやる気のおかげでチュ!

大会が再開され、総合運動公園内陸上競技場では陸上競技が行われました。
身体障害者や知的障害者による100m走や走幅跳といった種目の他、車椅子使用者が全長30mのコースにある旗門を前進や後進により通過し、フィニッシュするまでのタイムを競う「スラローム」などの種目があり、出場者の障害の部位や程度に合わせて工夫されたルールで実施されました。
雨が降る中、一生けん命競技にのぞむ姿がとても印象的でした!

100m走


車椅子スラローム

次に紹介するソフトボールのような競技は、グランドソフトボール!
グランドソフトボールは視覚に障害のある方の競技で、視覚に障害のある方でチームを作ります。
ピッチャーは全盲の選手で、キャッチャーの掛け声や手を叩く音を頼りにバッターに向かって転がすようにボールを投げ、バッターはボールを打ち、その打球を誰も触れずに全盲の野手が捕球すると、野球のフライキャッチと同じようにバッターはアウトになるというルールです。
音や声を頼りに行うのが大変そうだったけど、選手同士やサポートの方々が声を掛け合ってチーム一丸となって競技にのぞんでいました。

グランドソフトボール

毎年たくさんの方が参加している競技、フライングディスク!
アキュラシーとディスタンスという種目があります。
アキュラシーは直径23.5cm、重さ約100gのディスクを5m又は7m先にある円形のゴールを狙って10投し、通過した数を競います。
ぼくもチャレンジしてみたけど、むずかしかったでチュ!

フライングディスク

最後に紹介するのは、宇都宮市サン・アビリティーズで行われていたサウンドテーブルテニス。
サウンドテーブルテニスは視覚に障害のある方の競技で、継ぎ目の無い専用の台で、ネット下を金属球が入ったボールを転がし、その音を頼りにラバーの張っていないラケットで打ち合います。
自分が打ったボールが打ち返されずに、相手のエンドフレームに当たることなどで得点になります。
集中力が必要なこの競技、見ている観客も一球一球集中していました。

サウンドテーブルテニス

かにも各会場で卓球、水泳、ソフトボールが行われ、どの競技もとっても盛り上がっていました!
そして、各競技で入賞した方には金・銀・銅のメダルが贈られました。
とちまるくんとぼくナイチュウがデザインされた特別なメダルでチュウ♪

メダル

競技とは別に、「ボッチャ」、「卓球バレー」、「車椅子ツインバスケットボール」の3種目のスポーツが体験できる「障害者スポーツ体験会」も実施され、来場者は気軽に楽しくできる障害者スポーツを体験していました。

ボッチャ

大会の後半はそれまでの雨がウソのように太陽がサンサンと輝いていました!
スポーツを通して社会参加できる障害者スポーツ大会、これからもたくさんの方が選手やボランティアとして参加して、障害者スポーツのこと、たくさんの方に知ってもらえるとうれしいな♪


そして、10月24日(土曜日)から26日(月曜日)の3日間、和歌山県にて、第15回全国障害者スポーツ大会「2015紀の国わかやま大会」が開催されます!
栃木県からは40名の選手が出場を予定しており、陸上競技や卓球などの個人競技6競技の他、団体競技では男子聴覚バレーボールが出場します。
大会出場に先立ち、10月15日(木曜日)とちぎ福祉プラザにて、栃木県選手団の結団式が開かれ、大会での活躍を誓いました。

結団式の様子

福田富一知事から激励の言葉が贈られた後、アーチェリー競技に出場する大塚忠胤(おおつか・ただつぐ)主将が「郷土の代表としてがんばります。」と力強く宣誓!

選手宣誓2

栃木県の代表として、メダル獲得に向けてがんばってきて欲しいでチュ!ぼくも、遠く栃木の地から選手のみんなを応援しているよ!
フレー、フレー、とちぎ♪

結団式の様子2

そうそう、県障害者スポーツ大会のとき、とちまるくんとミヤリーと一緒にかけっこしたんだ♪
結果はぼくが1番!とっても嬉しかったでチュウ♪

かけっこ

栃木県障害者スポーツ協会ホームページ

URL:http://www.tochi-shinkyo.org/spo.html(外部ページにつながります)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

コメントを残す

コメントについての注意

※お名前はハンドルネームでOKです。
※メールアドレスはフリーメール・携帯メールでも構いませんが、連絡が取れるものをご入力下さい。なお、メールアドレスは非公開です。
※頂いたコメントは、本ブログを運営する“とちぎナイスハート広め隊”が確認したあとに掲載します。掲載までにお時間がかかることがありますので、ご了承ください。
※なお、“とちぎナイスハート広め隊”が不適切と判断したコメントは掲載されない場合がございますので、ご了承ください。

このブログは、栃木県障害福祉課が運営しています。障害を持ちながら活躍する方や、その支援者の取組などを紹介しています。
以下、記事カレンダーや最新記事一覧、最新コメント一覧などの案内です。読み飛ばす場合、「記事に戻る」か「メインメニューへ」をお使いください。

記事カレンダー

2017年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930