2013/11/18

栃木県障害者文化祭カルフルとちぎ2013こころのつどい」開催!/広がる交流の場

こんにちは、ナイチュウです!

11月1日、2日、秋晴れの下、とちぎ福祉プラザで開催された「栃木県障害者文化祭カルフルとちぎ2013こころのつどい」に参加してきたよ。

「カルフル」っていう言葉は、フランス語で「交差点」という意味。障害の有無にかかわらず、、みんなの交流を広めていこう!という願いがこめられているんだって。

このイベントは、障害のある方々の日ごろの活動や訓練の成果発表の場であるとともに、県民のみなさんに障害者に関する取組を知っていただく絶好の機会。

とちまるくんも応援にかけつけてくれた会場は、たくさんの来場者で大にぎわいでした。

芸能発表が行われているホールをのぞいてみると、ステキな歌が聞こえてきたよ。

ここでは、障害者施設や病院、特別支援学校のみなさんが、合唱や楽器演奏、ダンスなど、この日のために練習してきた成果を、力いっぱい発揮していました。

販売コーナーでは、障害者施設で働くみなさんが、心をこめてつくったパンやお菓子、野菜や小物など、バラエティに富んだ商品が並んでいたよ。

どれもとってもステキな商品で、何を買おうか迷っちゃったでチュウ。

体育館では、絵画や書、手工芸品などがいっぱい展示されていたよ。

大胆な構図や独創的な色づかい、手の込んだ工程を重ねたものなど、ココロをひきつける作品ばかりで、時間が経つのを忘れて見入っちゃった。

初日には、宇都宮工業高校のブラスバンド部も応援に来てくれたよ。

みんなが大好きなヒット曲をたくさん演奏してくれて、会場からはアンコールの嵐!

ノリノリの曲にあわせて、ぼくもたくさん踊っちゃった。

2日目には、障害者スポーツの体験コーナーがあったので、ぼくもチャレンジ!

フライングディスクを使ったストラックアウトは、意外とむずかしかったなぁ。

結果は3枚クリア!初めてにしてはがんばったでしょ??

会場の一角には、日ごろの疲れを癒してくれるマッサージコーナーもあったよ。

2日間ぼくと一緒にがんばってくれたとちまるくんを誘って、体をほぐしてもらったんだ。気もちよくリフレッシュして、とちまるくんもますます元気ニコニコになりました。

この2日間、会場にあつまった多くのひとたちが、障害の有無に関係なく交流の輪を広げていました。いろんな人たちが交わる交差点、まさしく「カルフル」だったなぁ。

ぼくもたくさんのお友達と交流して、いっぱい元気をもらいました。今から来年の開催がまちどおしいナイチュウでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

コメントを残す

コメントについての注意

※お名前はハンドルネームでOKです。
※メールアドレスはフリーメール・携帯メールでも構いませんが、連絡が取れるものをご入力下さい。なお、メールアドレスは非公開です。
※頂いたコメントは、本ブログを運営する“とちぎナイスハート広め隊”が確認したあとに掲載します。掲載までにお時間がかかることがありますので、ご了承ください。
※なお、“とちぎナイスハート広め隊”が不適切と判断したコメントは掲載されない場合がございますので、ご了承ください。

このブログは、栃木県障害福祉課が運営しています。障害を持ちながら活躍する方や、その支援者の取組などを紹介しています。
以下、記事カレンダーや最新記事一覧、最新コメント一覧などの案内です。読み飛ばす場合、「記事に戻る」か「メインメニューへ」をお使いください。

記事カレンダー

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930