2013/05/30

「チーム県庁」で働く障害者を応援!/平成25年度栃木県障害者優先調達推進方針

こんにちは、ナイチュウです!

みなさんは、「障害者優先調達推進法」って法律、聞いたことありますか?
この4月にスタートしたばっかりの新しい法律なんだって。

カンタンに言うと、「働く障害者のみなさんを応援しよう!」って法律でチュ!

国・県・市町村などの官公庁が、業務で必要となる物品などを、障害者の就労支援に取り組んでいる福祉施設や、障害者をたくさん雇っている企業に、優先的に発注していきましょう、っていう内容なんだよ。

栃木県庁では、この法律に基づく取り組みを進めていくための方針をつくって、先日公表しました。
平成25年度の調達目標は、1,250万円。
県庁のすべての機関が一丸となって、この目標達成に向けて取り組んでいくそうです。

だけど、官公庁が発注するお仕事って、いったいどんなものなのかな?
去年、県庁や市町村が、障害者施設にどんなものを発注したのか、調べてみました。

官公庁には、いろんな制度のてびき書やガイドブック、PR用のパンフレットやリーフレットといった印刷物がたくさんあります。
印刷業務を請け負っている障害者施設に発注した冊子なども、たくさんあるんだって。

また、官公庁が扱う書類には、個人情報などの機密がいっぱい。いらなくなったからって、ゴミ箱にポイ、・・・ってわけにはいきません。
そんなときお願いするのが、「機密文書細断」というお仕事。
専用の車両が来てくれて、その場で書類をこまかく細断!
細断された紙はリサイクルされるんだって。

それから、公園や施設の清掃や除草。
PR用のグッズや記念品として使われる小物の製作。
市議会の議事録作成などなど、たくさんの施設がいろんな仕事を請け負っているんだよ。

ひとつの施設ではなかなか対応できない発注があった場合は、「とちぎセルプセンター」が窓口となって、共同で受注している例もあるそうでチュ。
たくさんの障害者施設が会員として参加している「とちぎセルプセンター」のホームページには、各施設で提供できる商品の数々を紹介した「とちぎナイスハートカタログ」が掲載されています。
商品の種類別、施設の所在地別に検索できるようになっていて、とっても便利。

障害者施設の商品の売上げは、施設を利用している障害者のみなさんの貴重な収入になります。
また、自分たちがつくった商品がたくさん売れるってことは、自分の仕事がたくさんの人に必要とされているっていう実感につながります。
その実感は、社会の一員としてたくさんの人とつながっているって実感でもあるんじゃないかな。

まだスタートしたばっかりの法律だけど、こうした取り組みが官公庁だけでなく、企業のみなさんへ、そして住民のみなさんへと広がっていき、障害があってもなくても、みんながしっかりとつながりあったステキな世の中になったらいいなあ。

そんなふうに思ったナイチュウでした。

平成25年度栃木県障害者優先調達推進方針

平成25年度栃木県障害者優先調達推進方針(PDFファイル)

とちぎセルプセンター

郵便番号:320-8508
住所:宇都宮市若草1-10-8とちぎ福祉プラザ内
URL:http://www.tochigi-selp.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

コメントを残す

コメントについての注意

※お名前はハンドルネームでOKです。
※メールアドレスはフリーメール・携帯メールでも構いませんが、連絡が取れるものをご入力下さい。なお、メールアドレスは非公開です。
※頂いたコメントは、本ブログを運営する“とちぎナイスハート広め隊”が確認したあとに掲載します。掲載までにお時間がかかることがありますので、ご了承ください。
※なお、“とちぎナイスハート広め隊”が不適切と判断したコメントは掲載されない場合がございますので、ご了承ください。

このブログは、栃木県障害福祉課が運営しています。障害を持ちながら活躍する方や、その支援者の取組などを紹介しています。
以下、記事カレンダーや最新記事一覧、最新コメント一覧などの案内です。読み飛ばす場合、「記事に戻る」か「メインメニューへ」をお使いください。

記事カレンダー

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930