2012/06/12

食べてニコニコ、とちまるくんクッキー!/宇都宮市泉が丘ふれあいプラザ

「とちぎナイスハート広め隊」です。

いつもとちぎナイスハートニュースをご覧いただきありがとうございます!

ところで皆さん、「とちまるくん」ってご存知ですよね?
昨年開催された「スポレクエコとちぎ2011」のマスコットキャラクターとして活躍した後、栃木県の元気ニコニコ係リーダーとしてみんなに元気を振りまいている人気者です。

今回は、そんな大人気の「とちまるくん」をあしらった、おいしいクッキーの秘密を探ってみました。

写真:とちまるくんクッキー

「とちまるくんクッキー」は、とちぎセルプセンターが取り組んできた「クッキープロジェクト」を通じて誕生した人気商品。

「セルプセンター???」
・・・ってはじめて聞く方もいらっしゃるかもしれませんが、とちぎセルプセンターは、福祉施設ではたらく障害者の工賃アップをめざして、より良い商品づくりや、新たな販路の開拓など、様々な取組を行っています。

こうした取組の一環として、お菓子づくりをしている施設が知恵を出し合って、おいしいクッキーをつくろうと始まったのが、「クッキープロジェクト」。
折りしも「スポレクエコとちぎ2011」の開催を控え、「とちまるくん」人気がグングン高まっていた時期。「とちまるくん」とコラボできたら、もっと喜ばれる商品になるのでは?・・・そんな発想が「とちまるくんクッキー」誕生につながっていったそうです。

今回お邪魔したのは、このプロジェクトに参加した施設のひとつ、「宇都宮市泉が丘ふれあいプラザ」。

写真:宇都宮市泉が丘ふれあいプラザ

クンクン・・・・。
玄関に入ると、なにやら奥の方からおいしそうな香り。
その香りをたどるように、パン工房に案内していただくと、そこにはキビキビと立ち回る職員と利用者のみなさんの姿がありました。
利用者の多くは、知的障害のある方々だそうですが、生地を伸ばしたり丸めたり、みなさん手慣れた様子。

写真:パンを作ってます

わくわくしながらキョロキョロしていると、パン工房の一角で「とちまるくんクッキー」の準備がはじまりました。

生地をくり抜いて、「とちまるくん」の型押しをするのは、阿部英輝さん。
ムダが残らないよう考えながら生地をくり抜いていく様子は真剣そのもの。

写真:クッキーの型抜き

丸くくり抜いた生地に、「とちまるくん」の型を押し、卵の黄身を表面に塗っていきます。

写真:型押ししています

焼き上がりにしっかりと「とちまるくん」の姿が浮き出るようにするためには、型押しの力加減や、黄身の塗り方がとっても大事なんだそうです。

写真:黄身を塗っています

「阿部さんはこの仕事をとっても上手にこなしてくれるんですよ。」
クッキーづくりをサポートする職員の斉藤貴久恵さんの言葉に、テレながらもちょっと誇らしげな阿部さん。
あとは焼くだけとなった生地を、形が崩れないよう、「やさしく、やさしく」とつぶやきながら、丁寧に並べていく姿は、まさに職人。

160度のオーブンに入れて30分、元気いっぱいの「とちまるくん」がハッキリ浮かび上がったクッキーが焼き上がりました。

写真:クッキーが焼き上がりました

クッキープロジェクトに参加しているのは6施設。

同じレシピでつくっても、オーブンなどが異なると、風味や歯ざわりが微妙に違ってしまうそうなんですが、その違いをなくしていくために、ずいぶんと試行錯誤を重ねたんだそうです。

「とちまるくんクッキー」が焼き上がり、ふとパン工房内を見渡すと、おいしそうなパンも続々と焼き上がっていました。

写真:パンも焼きあがりました!

どれもみんなおいしそう。
これらのパンやお菓子は、施設内でも販売しているほか、宅配や出張販売なども行っているそうです。

写真:様々なパンを焼いています

工房内のホワイトボードには、パンを買っていただいたお客様から届いた手紙が貼ってありました。
「これからもおいしいパンをつくり続けてください」
「シュガートーストおいしすぎ」
そんな言葉が書かれたこの手紙。

写真:お客さまからのお手紙

「ここではたらくみんなの励みになれば」と、いつも目にとまるところに貼っておくんだそうです。
自分たちがつくったものが、こうして喜ばれている・・・そのことがつくる喜びにつながり、心のこもった仕事につながり、おいしいパンやクッキーにつながっていくんですね。

写真:阿部さんのVサイン

最後に、箱入りの「とちまるくんクッキー」を手にした阿部さんのVサインをパチリ。
ステキな箱だなあと思っていたら、クッキープロジェクトと宇都宮文星女子高等学校のコラボレーションで生まれたデザインなんだそうです。
味はもちろんのこと、こうしたパッケージにも気を配って、より良い商品づくりを目指しているんですね。

6つの施設が力を合わせることで、大量注文にも対応できる「とちまるくんクッキー」。まとまったご注文をされる場合には、「とちぎセルプセンター」までお問合せください。

 

宇都宮市泉が丘ふれあいプラザ

  • 〒321-0952 栃木県宇都宮市泉が丘3丁目17番16号
  • TEL: 028-661-9055
  • FAX: 028-661-7070
  • E-mail: izumigaoka7@yahoo.co.jp
  • URL: http://www.tochigi-selp.jp/office/2

クッキープロジェクト参加施設

えいぶるの里
こなかの森
セルプみなみ
ハート二宮
ゆーあい工房

とちぎセルプセンター

  • 栃木県宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ内
  • TEL: 028-622-0433
  • FAX: 028-622-5788
  • URL: http://www.tochigi-selp.jp

とちまるくんオフィシャルホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

コメントを残す

コメントについての注意

※お名前はハンドルネームでOKです。
※メールアドレスはフリーメール・携帯メールでも構いませんが、連絡が取れるものをご入力下さい。なお、メールアドレスは非公開です。
※頂いたコメントは、本ブログを運営する“とちぎナイスハート広め隊”が確認したあとに掲載します。掲載までにお時間がかかることがありますので、ご了承ください。
※なお、“とちぎナイスハート広め隊”が不適切と判断したコメントは掲載されない場合がございますので、ご了承ください。

このブログは、栃木県障害福祉課が運営しています。障害を持ちながら活躍する方や、その支援者の取組などを紹介しています。
以下、記事カレンダーや最新記事一覧、最新コメント一覧などの案内です。読み飛ばす場合、「記事に戻る」か「メインメニューへ」をお使いください。

記事カレンダー

2017年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031