2012/02/10

ワンコイン中華で「ほっと」しませんか/ふくふく亭

こんにちは!「とちぎナイスハート広め隊」です。

先日県庁で行われていたイベントを訪ねたところ、おいしそうな中華のお店を発見!
マーボー豆腐、八宝菜、えびチリなどなど、女性でも食べきれるお手ごろサイズのどんぶりものがズラリ。お弁当や点心などもあり、豊富なメニューに目移りします。

「今日のお昼はここに決定!」
食いしん坊の私には、どんぶりに点心を添えてちょうどいいボリューム。
味も本格的で大満足。


えびチリ丼 400円

この中華弁当を販売していたのは「ふくふく亭」というお店。
主に精神障害を抱える方の就労支援を行っている「ほっとスペース・ひだまり」というNPOが運営しているそうです。

販売していた方から、
「宇都宮大学峰キャンパスの近くにお店があって、ランチもやってますよ」
と伺い、ぜひ出来たてのランチを食べてみたくなりました。

日をあらためて訪ねてみると、閑静な住宅街の一角に、「ふくふく亭」の黄色い看板を発見!

ランチ前の時間帯におじゃましたのですが、配達用のお弁当の用意とランチの準備で、厨房は熱気にあふれていました。
手際よくリズミカルに振られた中華鍋から漂う香りが店内に広がり、食欲を刺激します。

施設長の渡辺こずえさんに、このお店をオープンした経緯をたずねてみました。

「宇都宮といえばギョウザ。
スタッフの中には、中華料理店で働いていた経験者もいる。
じゃあ中華料理にチャレンジしよう、ってことで、まずは餃子・焼売などの点心をはじめました。」

このお店を運営する「ほっとスペース・ひだまり」は、宇都宮市の西川田にあり、現在もそこで下請けの作業や、清掃業務などを行っているそうです。
不況で受注が減る中、こうした作業ばかりでは利用者のみなさんに十分な工賃がお支払いできない。だったら、自分たちで一から仕事を作っていこう。
そんな思いで、新たな取り組みを検討されたそうです。

会議を重ねてメニューを決め、現在の場所に物件を確保し、「ふくふく亭」がオープン。

「ありがちな中華料理店の名前にはしたくなかったので、ふわっとして、湯気がたっている様子をイメージして、“ふくふく亭”にしたんです」と渡辺さん。

渡辺さんは、路上生活者の支援に関心を持ったことがきっかけで、福祉の世界へ。
路上生活者の中には、精神的な病を抱えた方々がいて、次第に精神障害者の支援に関心を持つようになっていったそうです。

「精神障害は、“病気”という側面もあるので、調子のいいとき悪いときの波があったり、ときには治ってしまうこともあるんです。」
利用者のみなさんの様子に変化がないか、日々気を配っているとのこと。

大切にしていることは「自分の価値観を押しつけないこと」。
利用者の方々に対しても、いっしょに働く職員の方に対しても、そういう姿勢で接していらっしゃるそうです。
お話を聞いているうちに、私もいつの間にか「ほっと」できる雰囲気に包まれていました。

「お客様から“おいしかった”というハガキをいただいたことがあったんです。
あまりのうれしさに、みんなで回し読みをしました。
“おいしいものをつくるぞ!”という一体感がみんなの気持ちに芽生えていきましたね。
その気持ちのせいか、ついつい盛りすぎてしまうこともあるんですよ。」

ますますランチが楽しみになってしまった食いしん坊の私。

オススメのメニューはマーボー豆腐定食。辛さによって2種類あります。
私はふつうの辛さの四川マーボー豆腐定食をオーダー。ごはん・スープ・ウーロン茶が付いて500円。ワンコインで食べられるんです!


手前:四川マーボー豆腐定食 奥: 陳マーボー豆腐定食(ちょっと辛め)

本格的な中華定食がそろうランチは、500~700円の価格帯。
この低価格もお店の売りのひとつ。
それでいて栃木産の米や小麦など、地元の食材にもこだわっているそうです。

お味の方はというと、ちょうどよい辛さで、あっという間に完食。
点心・デザート類もおなかにおさめ、大満足のランチが終了。


前:春巻(3本) 左上:焼餃子(5個) 各300円
右上:杏仁豆腐(ランチ用のプチサラダ・デザートセット)150円


五目焼きそば(揚げ・焼き) 700円

オープンから約1年。
厨房にもフロアにも、真剣なまなざしと笑顔があふれる「ふくふく亭」。
いろんな「ほっと」に出会うことができました。

思い出したら、またおなかがすいてきてしまいました~。
今日は、エビマヨにしようっと!

ふくふく亭

  • 住所:宇都宮市東峰町3101-60
  • アクセス:久部街道沿いの月島倉庫横の道を入り、ひとつ目の十字路を左に曲がり、約300メートル行った右手。(路地が入り組んでいますので、迷ったら気兼ねなくお電話ください。)
  • TEL:028-666-8693
  • FAX:028-666-4569
  • 営業時間:11時30分~13時30分
  • 定休日:日・月
  • ※事前に予約を入れれば、パーティールームの貸切もできます。
    ※第2駐車場もあります。
    ※市役所1Fの「わく・わくショップU」にて、お弁当(木曜)のほか、こぎん刺しの雑貨なども販売しています。
    ※4月にホームページ開設予定。

特定非営利法人ほっとスペースひだまり

  • 住所:宇都宮市西川田町1058-16
  • TEL・FAX:028-645-6686
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

“ワンコイン中華で「ほっと」しませんか/ふくふく亭” への4件のフィードバック

  1. あさき より:

    こんにちは、初めまして。
    障害者の作業所というと、内職の簡単な作業というものが多いイメージでしたが、非常に躍動があり活気があり、こちらまでほっこりした気分になりました。
    家族が精神の作業療法士をしていることもあり、こんな風にみなさんがどなたも社会の中で役割を持ち、自信になってなっていただけたらと思います☆
    今度の休みに、早速お邪魔したいとおもいました☆
    街全体が交流しながら、お互いに貢献できるスタイルが定着することを願っています。
    こんな活動のお手伝い、私もしてみたいと思っています。

    • とちぎナイスハート広め隊 より:

      コメントありがとうございます!
      ひとりでも多くのみなさんに、障害をおもちの方の
      仲間とはたらく、生活をたのしむ、絆のひろがる様子を
      どんどん、届けていきたいと思います!

  2. たこねえ より:

    ふくふく亭のこと初めて知りました。
    お弁当もおいしそうですが、ランチもそれぞれおいしそうですね。
    是非、食べてみたいと思いました。

    • とちぎナイスハート広め隊 より:

      コメントありがとうございました!
      ほかにもメニューたくさんありましたよ!

コメントを残す

コメントについての注意

※お名前はハンドルネームでOKです。
※メールアドレスはフリーメール・携帯メールでも構いませんが、連絡が取れるものをご入力下さい。なお、メールアドレスは非公開です。
※頂いたコメントは、本ブログを運営する“とちぎナイスハート広め隊”が確認したあとに掲載します。掲載までにお時間がかかることがありますので、ご了承ください。
※なお、“とちぎナイスハート広め隊”が不適切と判断したコメントは掲載されない場合がございますので、ご了承ください。

このブログは、栃木県障害福祉課が運営しています。障害を持ちながら活躍する方や、その支援者の取組などを紹介しています。
以下、記事カレンダーや最新記事一覧、最新コメント一覧などの案内です。読み飛ばす場合、「記事に戻る」か「メインメニューへ」をお使いください。

記事カレンダー

2017年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031