2012/01/20

おいしいラスクが生まれる理由【後編】/社会福祉法人つむぎ多機能型事業所 くわの実(小山市)

みなさん、こんにちは!
「とちぎナイスハート広め隊」です。

今回は先日取材した「くわの実」の
ラスクなどをつくるパン工房をご紹介します。
「くわの実」では、パン工房で働くみなさんを、
敬意を込めて「職人」と呼ぶんだそうです。
下の写真は、一度焼いたラスクに、
一枚ずつ丁寧にシュガーバターを塗る職人たち。

ラスクを作る職人たち(写真1)

片手が不自由な職人は、もう片方の手で、実に手際良くパンを成型。

ラスクを作る職人たち(写真2)

ふと気付けば、みなさん立ち仕事。
ずっと立っているとつらくないですかと、
ちょっといじわるな質問をしてみたのですが…、
「楽しいです。おいしいと言ってもらえるとうれしいから」と、
はつらつと答えてくださいました。
ほんとに私、見習わないといけませんね。

ラスクを作る職人たち(写真3)

職人たちがつくっているラスク、
聞いてみれば、保存料や添加物を一切使っていない安心素材。
しかも、一般的には歯ごたえのあるフランスパンを使用しますが、
「くわの実」のラスクはふっくらやわらかなイギリスパンです。
きめ細かい生地の秘密はこれにあったわけですね。
そして、本格的なドイツ製の石窯でこんがり焼き上げます。
素直な甘さのシュガーバターは、意外にも砂糖とバターだけを使った
シンプルなものなのだとか。

型に入れたイギリスパンの生地。これをドイツ製石窯で焼くと…、

石窯に入れる前の生地(写真)

こんなにふっくらこんがりに仕上がります。
ん~、こうばしい香りにお腹がグーッとしてきます。
これを小さくカットして、ラスクにしていくんですね。
もちろん、食パンとしても販売しています。

焼きあがったイギリスパン(写真)

それにしても、このおいしさ、
どうやって生まれたのでしょう?
施設長の星野さんに伺ってみました。

「このラスクを考案したのは、私の知り合いのパティシエです。
休日にボランティアで、生地から焼き加減まで試行錯誤をくり返して、
やっとできたおいしさなんです。」
平成14年の開所当初からすでにつくられていて、
その頃からおいしいと評判だったのだそうです。
「実は、そのパティシエのお嬢さんが自閉症だったんです。
どんな障害を持った人でも、誇りを持って働いてもらいたい、
そんな願いを込めてつくられました。」

そうして生まれたラスクを、発売から10年近くにわたって守り続け、
しかも、「真心絶品」のサイトで全国ランキング1位になるまで育て上げたのは、
星野さんをはじめとする職員と、
一枚一枚丁寧に焼き上げてきた利用者のみなさんにほかなりません。

星野さんは、施設の責任者であるとともに、
第一線で活躍する営業マンでもあります。
たくさんの人においしいラスクを届けたい。
そして、お客さまの「おいしい」を利益につなげ、利用者に還元する。
そうした想いが、お客さまとの信頼関係を築き、
販路を広げる原動力になっているようです。

「一生懸命に働いた人には、お給料(工賃)できっちりと応えていく。
それがやる気につながります。そして、誇りや自信にも」と星野さん。

お給料をもらえることは、社会の一員として、
きちんとした役割を持っていることを意味していると思います。
好きな仕事をして誰かの役に立てる喜び。
それは、私たちと一緒です。

明るく元気に働く障害者の方々を見ていると、
ラスクに込められた星野さんたちの想いは、
彼らの心に確実に届いていると感じられました。
だって、「くわの実」のラスク、こんなにおいしいんですもの。

みなさんもぜひ、味わってみてくださいね。

ラスク出来上がり(写真)

 

社会福祉法人つむぎ多機能型事業所 くわの実(小山市)

  • 住所:〒323-0811 栃木県小山市犬塚87-7
  • TEL/FAX:0285-25-8111
  • E-mail:tsumugi@bird.ocn.ne.jp
  • 営業日:月曜日~金曜日の10:30~15:00
  • 主要商品:ラスク(シュガー、ごま、ガーリック) 各150円、プリンsoie(ソア) 200円、イギリスパン 1斤 220円 ※すべて税込
    ※ラスクは「ベーカリーくわの実」の他、道の駅「思川」、まちの駅「思季彩館」、佐野サービスエリア(上り)などでも販売中。インターネットでは「真心絶品」(http://magokoro-zeppin.com/)でも購入できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

“おいしいラスクが生まれる理由【後編】/社会福祉法人つむぎ多機能型事業所 くわの実(小山市)” への3件のフィードバック

  1. 復活つまいさん より:

    今までもくわの実のラスクは美味しくて時々購入させてもらっていましたが、どの様に管理されたりとかの製造過程がわかりとても参考になりました。食べる時の気持ちも変わると思います。

  2. ミー より:

    職人さんの作った安心素材のラスク、1度食べてみたいと思いました。
    お値段もリーズナブルで美味しそう。

  3. はむ より:

    くわの実さんのラスク、こちらで初めて知りました。
    かわいいパッケージですね。

    作っている人のが、このような形で知ることでますます食べたくなりました。

    私の住んでいるところから、小山まで少し遠いのですが、ぜひ買いに行きたいです。
     
    県内の障害者の皆さんが頑張っているお店の商品が買えるアンテナショップのようなものがあると、もっともっと皆さんに知ってもらえるのかな~と思いました。

コメントを残す

コメントについての注意

※お名前はハンドルネームでOKです。
※メールアドレスはフリーメール・携帯メールでも構いませんが、連絡が取れるものをご入力下さい。なお、メールアドレスは非公開です。
※頂いたコメントは、本ブログを運営する“とちぎナイスハート広め隊”が確認したあとに掲載します。掲載までにお時間がかかることがありますので、ご了承ください。
※なお、“とちぎナイスハート広め隊”が不適切と判断したコメントは掲載されない場合がございますので、ご了承ください。

このブログは、栃木県障害福祉課が運営しています。障害を持ちながら活躍する方や、その支援者の取組などを紹介しています。
以下、記事カレンダーや最新記事一覧、最新コメント一覧などの案内です。読み飛ばす場合、「記事に戻る」か「メインメニューへ」をお使いください。

記事カレンダー

2017年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031