2012/01/16

おいしいラスクが生まれる理由【前編】/社会福祉法人つむぎ多機能型事業所 くわの実(小山市)

みなさん、はじめまして!
「とちぎナイスハート広め隊」です。

この1月から、
栃木県内にナイスハートを広めるために、
いろんな施設をどんどんご紹介していきますので、
どうぞ、ご期待ください!

さて、今日お伝えするのは、
小山市にあります「多機能型事業所 くわの実」。

なぜこの施設をはじめに取材したかというと…、
じゃーん、

くわの実の「シュガーラスク」

このラスク、
「真心絶品」という審査の厳しいウェブサイトの認定を受け、
しかも、全国で売上ランキング1位になったこともある逸品!
生地のきめ細かさ、シュガーの素直な甘さ…、たまりません。
このおいしさが「くわの実」でつくられているんです。

ちょっとマネできないこの味。
どうやって生み出しているんでしょう。
その秘密を探りに取材に行ってきました!

 

くわの実:店舗外観写真

「くわの実」は、知的障害者の就労支援を行っている事業所。
イオンモール小山のそばにある
ピンク色のたたずまいがかわいいショップ「ベーカリーくわの実」が目印。
その駐車場の奥に、事務所と作業場がありました。
ご案内してくださったのは施設長の星野さん。
教員をご退職後、平成14年の開所当初から、
「くわの実」を利用する障害者の自立を目指して活動されています。
くわの実:施設長星野さん写真

ごあいさつを済ませた後、早速、作業場を見せていただきました。
施設内は明るく広々とした空間。
主にパン工房と商品発送スペース、そして、
一般企業からの下請け作業場がありました。
特に食品に携わる利用者は、眉毛まで隠れる帽子をかぶって
衛生管理も徹底されている姿が印象的でした。

パン工房で働く皆さん1

パン工房

パン工房で働く皆さん2

商品発送スペース

パン工房で働く皆さん3

一般企業からの下請け作業場

 

仕事中にお邪魔したのですが、
利用者のみなさんの真剣なまなざしには驚かされるほど。
私は、ここまで集中できるか、ちょっと不安です。
「みんなはラクしたり、ズルしたりしないんです」
とおっしゃるのは職員の白倉さん。そのひたむきな姿に
逆に教えられることもあるのだそうです。
私も見習わなければ…。

しかも、それだけではありません。
「一人ひとりが“やりたいこと”をやれるよう、
それぞれのハンデに応じたサポートを工夫すると、
ものすごい能力を発揮する利用者もいるんです」と星野さん。

 

精密なラベル貼り

「例えば、この方は自閉症もあって他人と関わることが苦手なんですが、精密な仕事を任せてみたら完ペキにこなすんです。」

くわの実:販売に向かう写真

「さっき販売に出かけたダウン症の方は、作業は得意じゃなくても、人なつっこさと抜群のセールストークで、優秀な販売員なんです。」

 

私たちは、障害を持つ人を無意識に自分たちと区別してはいないでしょうか。

でも、一人ひとりの異なる個性と正面から向き合い、
それぞれの「好き」や「得意」を伸ばすための
ちょっとしたサポートがあれば、たとえ障害があっても、
社会の一員として十分に活躍できる。そんな当たり前のことを、
「くわの実」で生き生きと働くみなさんの姿を見て、
改めて実感することができました

 

次回はついに、ラスクのおいしさの理由に迫ります!

 

社会福祉法人つむぎ多機能型事業所 くわの実(小山市)

  • 住所:〒323-0811 栃木県小山市犬塚87-7
  • TEL/FAX:0285-25-8111
  • E-mail:tsumugi@bird.ocn.ne.jp
  • 営業日:月曜日~金曜日の10:30~15:00
  • 主要商品:ラスク(シュガー、ごま、ガーリック) 各150円、プリンsoie(ソア) 200円、イギリスパン 1斤 220円
    ※ラスクは「ベーカリーくわの実」の他、道の駅「思川」、まちの駅「思季彩館」、佐野サービスエリア(上り)などでも販売中。インターネットでは「真心絶品」(http://magokoro-zeppin.com/)でも購入できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

“おいしいラスクが生まれる理由【前編】/社会福祉法人つむぎ多機能型事業所 くわの実(小山市)” への6件のフィードバック

  1. けいとぽん より:

    我が家のすごい近く!!
    確かに写真を見ると見覚えがあります。
    明日行ってみます。ラスク娘が大好きなんです~。

  2. きく より:

    道の駅思川に行くと、必ずチェックして購入します。
    やはりシュガーが一押しです!

  3. ミー より:

    ピンクの建物が働く方々をより一層元気にしてくれそうですね。
    個人個人に合ったサポートで、持っている能力を引き出す…。
    子育てにも共通していると思います。
    一生懸命働いている様子が伝わってきました。

  4. のん より:

    何時もお店の前を通ると元気な販売員を数名見かけますが、中々お店に入る機会が無くて(汗)今度行った時には必ず購入してみます。

  5. のぶっち より:

    はじめまして。この施設では精神障害者は通所できるのでしょうか。ちなみに工賃はいくらで1日何時間働きますか?宜しくお願いします。

コメントを残す

コメントについての注意

※お名前はハンドルネームでOKです。
※メールアドレスはフリーメール・携帯メールでも構いませんが、連絡が取れるものをご入力下さい。なお、メールアドレスは非公開です。
※頂いたコメントは、本ブログを運営する“とちぎナイスハート広め隊”が確認したあとに掲載します。掲載までにお時間がかかることがありますので、ご了承ください。
※なお、“とちぎナイスハート広め隊”が不適切と判断したコメントは掲載されない場合がございますので、ご了承ください。

このブログは、栃木県障害福祉課が運営しています。障害を持ちながら活躍する方や、その支援者の取組などを紹介しています。
以下、記事カレンダーや最新記事一覧、最新コメント一覧などの案内です。読み飛ばす場合、「記事に戻る」か「メインメニューへ」をお使いください。

記事カレンダー

2017年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930